アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「読書」のブログ記事

みんなの「読書」ブログ

タイトル 日 時
蜜蜂と遠雷/恩田 陸
蜜蜂と遠雷/恩田 陸 serial 360 昨年の暮れから、手元にありながら読み終えてなかった本。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 19

2017/01/28 14:28
暗幕のゲルニカ
暗幕のゲルニカ serial 356 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 18

2016/11/20 20:20
本日は、お日柄もよく
本日は、お日柄もよく serial 345 HNKの囲碁番組で司会をやっていた頃は梅沢さん。 その当時から彼女のファンでした。 囲碁界のマドンナ、日本棋院所属の女流棋士です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 20

2016/08/04 16:00
いつまでもショパン
いつまでもショパン serial 342 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 19

2016/07/07 17:17
きょんきょんの書評に関心
きょんきょんの書評に関心 serial 338 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 15

2016/05/24 21:00
読書/愛なんて嘘
読書/愛なんて嘘 serial 301 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 15

2015/05/15 15:15
追憶の夜想曲/ノクターン
追憶の夜想曲/ノクターン serial 291 彼の文章には無駄がなく、読む者を飽きさせないキレがある。 まどろっこしい装飾文は最小限に留め、必然性を的確に表現する。 物語の核心を無意味に散在させることはない。 あたらページ数を増やすだけの不必要な迂回もない。 しかし、推理小説の因果として必要な関係性を表現するに事欠かさない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 17

2015/01/15 15:15
さよならドビュッシー
さよならドビュッシー serial 230 『 さよならドビュッシー 』 は、ピアノ音楽を散りばめた中山七里の 推理小説で、第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 20

2013/02/04 20:00
サンダカン八番・・・に涙して
サンダカン八番・・・に涙して serial 106 慎ましい口調と態度の中で相手を気遣いながらも、これほどまで突っ込んだ記述に著者の感動を超えた品性と執念を感じます。 『 からゆきさん 』という言葉をご存知でしょう。 女性史研究家の山崎朋子さんの著書です。 ご本人は 『 紀行文 』のような・・・と書かれていますが 『 これは研究書のつもり・・・』とも後述しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/01/16 16:32
今日の風、何色? を読んで。
serial 77 前に全盲のピアニストとして記事に採りあげた、辻井伸行さんのこと。 ご承知とは思いますが、表題は彼の成長を記録した本のタイトルです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/10/29 19:35

トップへ | みんなの「読書」ブログ

無料 アクセス解析ラティース
趣記おりおり 読書のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる